10月4日(木)時には自分から踏み出す勇気を☆

こんにちわ!
レタドール まえPです♪

先日の練習でも
隣の体育館で練習している
クラブのおじちゃんから

いつも元気よかねぇ~
と声を掛けられました

そうそれを最後の最後まで
子供たちの事だと思い込んでいた
監督さんでした…笑

キャプチャ64

さて
僕が試合中ベンチにいるとき
どんな目線でどんな所に
目を向けて子どもたちの動きを
見ているのか?

存分にお伝えしますね!
逆に言えば
同じ目線で見て
同じことすれば
全く同じはでなくても

近い結果が生まれます!

とにかくこれから
語ることは…
社外秘です ( ̄▽ ̄)笑

※良い子はマネするように
 火傷しないように(#^.^#)

【少年野球内野手限定】高いバウンドを簡単に素早く処理する方法!そのための練習方法とコツ!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒ 高いバウンドの処理の仕方

※動画でしかご覧になれない
 内容お伝えできない内容が
 ありますのでご注意を!!!

○高いバウンドに全力で
 腕を振って捕りに
 行けているか?

○どこで合わせて
 捕りに行っているか?

○合わない場合、
 合わせきれなかった場合、
 どう対応するか?
 しているか?

これもよく少年野球の試合を
見ていてよくある
エラーパターンの1つ

バンザイエラー (笑)

内1内2

※確かにウルフルズは好きです
よく歌います(^^♪
かっちゃん今度は行こうね
朝まで( ̄▽ ̄*)

はい!これ僕も
少年野球やってるとき
大分お世話になりました(^○^)

ラッキーなヒットでよく出塁!
だから僕でも4番でした♪

そして逆に何度ミスしたことか
とにかく苦味いっぱいの
想い出もありあり

しかし人は失敗から学ぶ
経験から学ぶ生き物
僕の経験談を今日も語ります

いったいどうすれば
高いバウンドをヒットにしたり
内野安打にすることなく
ギリギリであっても
アウトにすることが出来るか

すべては反応、判断、脚力
に掛かっています

まず1つ
これは永遠のテーマですが
素早く反応出来ているか
ここがすべての始まりです

どんなに足が速くても
反応!要は1歩目が遅ければ
アウトになる確率は…
下がる一方…
スタート時は1歩でも
走り始めた頃には
2歩から3歩の遅れが
ありますから

いや~
俺はアウトに出来ているし
という子も…
ほとんどはランナーに
助けられていることが
多いかもしれません

なぜなら高いバウンドが
上がってしまえば
小学生で50M7秒で
走れる子であれば
ほとんどの確率で
セーフになるはずです

23Mって
アッと言う間ですから

あっ

また脱線しましたが…笑

いいスタートを切る
切れる準備をするって
大事なんです

今日のメインはココと言っても
過言ではりません

いいスタートを切るための
練習や訓練をやっていますか?

やってもいないのに…

お~いスタート!

なんで遅いんだぁ~

だからいつも
言ってるだろうがぁ~

な~んてなったり
していませんか?

よくあるんです
冬場になって
当然のごとく走り込み
走力を上げるため
脚力アップ
下半身強化のため

目的は確かに
いいんだと思います

しか~し
いいスタートがあってこそ
いいスタートがきれてこそ
活かされる
スピードではないでしょうか?

ではいいスタートを
切るため、切れるための練習
僕らもいつも練習の中で
簡単にお手軽に消化できる
ようにしています

要は意識ですね♪

内5

自分の体を早く動かそうとする
それがあるから動きに
魅力が生まれて来るんです♪

はい!話を元に戻すと…

まずいいスタートを切って
腕をしっかり振ること
これ~意外に腕を
振れてない子が
多いような気はします

ボールを捕ることに
夢中で最初からグラブを
出した状態で走ってしまい
ボールへの捕球するまでの
到達時間が遅れてしまいます

内4

ここで既に
バッターランナーの
2歩から3歩分を
損をしてしまう訳です

確実に捕るまでは
スピードを意識して走ること

内3

ココが大事になってきます

そして次です
よく起こる現象として
自分がどんなバウンドの時も
どこで捕るのか?
決めていないから
いつも捕ろうとする
位置がバラバラで
エラーする確率も
大きくなります

まずは決めることです

基本は下でさばく
ボールが地面に着地して
上がり際のショートバウンド
を捕球しにいきます

内6 内7

そうすることによって
バンザイエラーの確率が
減ってきます

しかし
捕ったつもりが…
そのままノーバウンドに
なってしまい
地面とグラブ先端の隙間から
スカッとスルーしてしまう
ケースが出てきます

内8

じゃあ上と下どっちがいいんだ?

そういう議論も多少なりとも
あるんだと思いますが

僕は下で合わせるやり方を
選択します!!!

※何度も言いますが基本はデスね

なぜならやるのは小学生
身長は高い?低い?
その状況から上を抜けかれて
エラーになる確率と
下を抜かれる確率
どちらが高いでしょう

大人ならともかく
子供だけにという考えを元に
僕は下で合わせることを
選択しています

ただどうしても
下で合わないときがあります

そんな時はボールが上がって
自分の顔の前あたりで
腕を前に出しグラブを
かぶせるつもりで捕球する
ようにやってみましょう

内9

よく頭の上で
捕球しようとする子を
見かけますが…
自分が見えない位置で
捕球できる確率は?

そこをしっかり
伝えてあげる必要が
あるんじゃないかと思います

かといって
ここで逆に合わせすぎて
捕球までに失速したりすると
本末転倒なってしまうので
まずはしっかり腕を振って
ボールを捕りに行く!走る!

下で合わせることが
出来なかったら
前で抑え込む
高いバウンドだけに
バッターランナーが
先へ進む確率は高くなります

ボールを手にしない事には
どうにもできません
とにかく果敢に前に攻めましょう

”結果は後からついてくる”

今日もまえPブログ
ご覧いただき
ありがとうございます
今日もあなたの
キッカケ作りのために
出来ることを♪
やれることを♪
お伝えしていきます

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


いつもありがとうございます