9月3日(火)人の心は変わる*

ちょうどホノルルから
東京に着いた頃だった

Kさんが亡くなった…
そのメールを受け取ったのは

正直今でも信じられない
東京からの飛行機の中で
何度も何度も
いろんなことが…
想い出がよみがえってきた

Rが入部してきた頃
今でもあまり変わらない
かもしれないが(笑)

言いたいことはハッキリ言う
やっぱり尖っていた((+_+))
(=はい僕のことです)

キャプチャ3

Kさんも熱い人
だったからこそ
あの頃は衝突することが
多かった

あれは確かベスト4を
掛けた試合だった

いつもであれば
気にならないはずの声が
その日に限って
なぜか耳に入ってきた

Kさんが必死になって
ベンチの子供たちと
一緒になって
声を出している

しかも、一生懸命だった

気持ちぞぉ~
気持ちぞぉ~
と打席に向かう
一人一人に
声を掛けてくれていた

頭にはやっぱり
ねじり鉢巻きだった(*^_^*)

その様子が
必死さが
とても嬉しくて
采配している僕に
ニンマリ笑顔が生まれた

あれだけ衝突した人が
批判していた人が…

この大会
チームにとっても
僕にとっても
初優勝だった

子供たちの力は
もちろんだけど
その力を更に
後押ししてくれた

Kさんや保護者の皆さん
僕以外のたくさんの
スタッフの力が一つになって
与えられた
本当に皆で勝ち取った
勝利だった

確かこの後の
長~い長~い
夜の懇親会の時
じゃなかったかな?

監督
俺も志Tシャツ
頼んでもらっていいかな?

20130322-130909.jpg

そんな言葉をもらった
次の日からだった

公式戦に
練習試合に
まるで火が付いたように
たくさんのお手伝い
今まで以上に
サポートして頂けるようになった

嬉しかった
ありがたかった
てか僕なんかより
そうして貰える
息子たちは子供たちは
何倍も嬉しかったと思う

土日の練習の時
試合前のアップ時
これまたねじり鉢巻き
背中には志を背負った
赤いシャツ姿

子供たちが怪我しないように
イレギュラーしないように
子供たちのプレーに神様が
見方してくれるように
バケツ片手に石を拾う姿が
何度もあった

BBQの時には
決まって焼き係♪

よ~し出来たぞぉ~
いっぱい食えよぉ~
そんな子供たちに掛ける
優しい声が
今でも耳に残っている

もちろん
そんなお父さんの姿勢は
息子たちにも伝わり
息子たちの成長も
目覚ましいモノだった

そんな姿に
更に心動かされたのか?
練習後に福岡まで車を走らせ
グラブを買いに行ったり
バットを買ったり・・・

見ているこっちが
何か微笑ましくなったし
何か温かいものに
包み込まれているようだった

それだけの情熱ぶり
だったからこそ
居なくなった
もう会えない
その事実が信じられなかった

僕が有浦少年を退く
最後の冬練中の
飲み会の時だった

なかなか次の監督が
決まらない…
Kさんが真剣に
僕に訴えた
”お前のせいぞぉ”

あの時は本当に心痛かった
もちろん正確には今もだ

そこには2つの重みをあった…

ここまでの流れを作ってきて
おきながら中途半端すぎる

そして

いろいろあるからこそ
続けないと
いけないんじゃないのか
今までの言葉は?
俺や子供たちに
言ってきたことは?

表面的には嫌味全開だったが
腹立ったけど…
チームを想うからこそ
真剣だからこそ
子供たちのこれからを
想うが故の言葉だったから
そう理解できるからこそ
真剣に受け止めることができた

当たり前
チームが上手くいくいかないも
全て監督の責任だから
言葉は簡単…
けど実際は重くて深い

僕が辞めて新チームになっても
子供たちが練習する
グランドには赤いシャツを着て
子供たちに声を掛ける姿を
何度も見かけた

だからこそだ
亡くなられた知らせを
聞いたとき
もしあの時
僕が辞めていなかったら
こうなって
いなかったんじゃないか

たら、ればを言い出しても
キリがないと分かっていても
納まりがつかないときがある

東京から帰ったすぐの
最後のお別れ…

”K君本当にありがとう

最初はいろいろあったけど
今となってはおかげさまで
いい想い出ばかりだね

これからのことは
何も心配せずに
安らかに眠って下さい
そして空の上から
僕らのことを
温かく見守って下さい

僕に出来ること
限られているけど
3人のことは
しっかり見ていきます
しっかり支えていくから
本当に何も心配しないでね

K君ホントにありがとう”

僕が言えること
出来ることは
それだけだった

Kが優しい目をして
お茶を運んできてくれた
悲しいはずなのに…
すごく優しい表情をしていた

26685860_480x479

今だけじゃなく
これからしてあげられること
そのために今自分が
しなければいけないこと

信じて続けるだけです*
今はつらい決断があってもね

晴れ空が広がるとき
必ず曇りがある
雨がある
だったら今何を信じて
青空が来るまで
どんな準備をして
どんな心で待つのか?
続けるのか?
だね(*^_^*)

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


イイね!クッリクヨロシク

 

夢は見るものではなく
叶えるもの…♪

そう後輩の笑顔が
物語ってます(*^_^*)

ガンバレ鬼崎選手!!!