9月21日(土)やれば上達☆

※リピーターの方へ

途中の文章まで
前回記事と同じ内容を
記載しております

理由としては
動画や記事をご覧になって
やればやるほど
上手くなればなるほど
大切なことを見失ったり
忘れてしまいがちなことが
たくさん出てきます

何度も言いますが
考えや根拠ってすごく
大切です

だからこそ
やっていく中で
上手くなっていく中で
忘れて欲しくない
頭に残しておいて欲しい
事なので…

やり過ぎて
ケガに繋げてほしくない!

あとは途中記事から
読まれる初めての方にも
しっかりと始める前に考えを
理解して頂きたく

そんな想いから毎回
暴投に掲載させて頂きます

決してサボりではなく 笑
不快に思われるかも
いるかもしれませんが

小さいお子さまが
これからグングン
伸びていくため
伸ばしていくための
大切な定義として
受け止めて
頂ければ幸いです<(_ _)>

1817

低学年の全力投球での
キャッチボールの回数は
30~40球を目安に
取り組みましょう

やっぱりね
小さい時から
しっかり体を動かすことって
大事やと僕思うんです

ボール投げたり捕ったり
打ったり
柔らかいボールでもいいんで
感覚を磨いていくことって
大事なんですよ(#^.^#)

将来的に速いボール
投げたり捕ったり打ったり
するわけだから

そういったときのことを
踏まえて想定して
同じスポーツの動きだけ
そればっかりじゃなくて
いろんな動きをさせてあげる
体に覚えさせてあげる

同じ動きに
慣れさせないことが
ケガ防止に役立つ
予防トレーニングにも
なるんです!!!

これから低学年向けの
キャッチボールを
お伝えしていきますが~

いくらいいフォームが出来て
いいボールが投げれるように
なっても…
しっかり管理せず
投げ過ぎてしまったら
やっぱり壊れますよ

だから最初に
お伝えしたような
慣れさせない
同じ反復動作ばかりの
上達にこだわらない
そういう考えを
ベースに教えてあげて
管理してあげて下さいね

低学年にキャッチボールを
伝えるとき僕が
大切にしていること

どんなポイントを見て
指導しているか?
指導してきたか?

①まずはボールの握り

②投げるとき
肘が肩よりも
上がっているか

③ボールを山なりに
投げていないか?

④相手にボールを投げる時
相手にしっかり足を
向けているか?

⑤下半身と上半身は
連動出来ているか?

⑥ボールを待っていないか
自分から動いて
捕りに行っているか?

⑦目線はしっかり
低く出来ているか
入れているか?

⑧真っ直ぐ腕を振れているか

⑨投げ始めから投げ終りまで
相手のグラブにボールが
納まるまで
目を切っていないか

この時点で…
え?こんなに?

と思った方は
多いかと思います

けどコレって
最低限のことを上げてます

あくまでも最低限なので
小学1年生でも
一か月掛からない程度で
動きが変わってくる子も
やっぱりいます

そんな場合は迷うことなく
高学年同様のステップに
行かせたり
あるいはまだ出来ていない
子供たちに
アドバイスする側に
回ってもらったり

ケースバイケースで
先へ先へ!その中で

なぜこの練習をやるのか?

この練習が必要なのか?

しっかり説いていきます♪
別に理解してくれなんて
思ってません
コチラは何度でも
スイッチが入るまで
伝え続けることが
努めですから

どれだけ上手くなっても
中身が少しずつ
大人になっていかないと
身のこなし、技術の使い方
いつまで経っても色が
マイカラーが
着いて来ませんから

考え方、心構え
理解すること
自分が分かって動くこと
とても大切ですから
何事も根気強く
ですね♪

は~い(*^_^*)

では今日は③から順に
丁寧にお伝えしますね

③ボールを山なりに
投げていないか?

ではなぜ山なりに
投げない方が
いいんでしょうか?

はい!ココで質問です♪

試合中に山なりに
送球することって
ありますか?
もしあるとしたら?
山なりボールと
ライナーのボールどちらが
ランナーを先に進めない
アウトにできる
送球でしょうか?

 

mae4mae9

それと、もう1つ
単純に考えて
もらいたいんですけど~
山なりに投げるってことは
上や斜めに投げる!
簡単にそういうことですよね?

それとは逆にライナーで
せめて自分の目線より
少し上くらいの高さで投げる

どちらの投げ方が
体への負担は?
キレイな回転が
掛かったボールは?
投げることができそうですか?

今日も、もちろん対象者は
小学1年生から3年生

そうですね!
なんとなくでも
ライナー系の方が
良さそうだし
投げるフォームも
相手の胸へキレイに
投げるためのフォームが
身に着きやすそうですね♪

僕は高学年であっても
基本遠投はしません
させません

ん~0じゃないです(*^_^*)

基本はしません…

こう言うと
熱心にサポート頂いた
お父さん方から
え?させてたじゃんか?
と聞こえてきそうですが…笑
特に山の上の方から(^○^)

20130309-140530.jpg

はい!
僕も成長します♪
言い訳もしません
過去があるから
今がある訳ですから

そろそろ
話に戻らせて頂くと…

特に下級生の場合
遠投させたところで
遠くへ遠くへ投げようとして
上へ上へ投げることが
多くなると思います

遠くへ遠くへ
先へ先へではなくね♪

だからそういった意味でも
自分が届く距離
山なりに投げなくても
届く距離ですね
にMAXを設定して

その位置でライナーの
鋭いボールを投げることを
意識させます
こだわらせるようにしています

もちろん相手の胸
もしくは胸~顔の間の
位置あたりに♪

mae5

もし遠投をする場合
絶対やってはいけない
そういう事ではないので
やるのであれば…

普段からお伝えしますように
”慣れさせない動き”
テーマに2,3週間に1回
遊び感覚程度で
どこまで遠くまで
投げきれるか

そういう感じで
投げさせる機会を与えたり
一体自分はどこまで
投げれるんだろう?
投げれるように
なったんだろう?
楽しむ機会、成長を感じる
時間もやっぱり大切ですよ

あと決して必要ではない
動きなんてありませんから
全てバランス!!!
特に低学年だけに
たくさんの動きを学ばせる
要素の1つにもなる訳です

さぁ~せっかく
ここまでで学んだことを
どんどん活かしていく番です

実際キャッチボールを
始めるときステップ②で学んだ
肘を肩よりもあげた位置から
投げる習慣づけと
普通に投げる動作を交えながら
やっていきましょう♪

mae7mae6

僕は10回投げるうち
8回9回は肘上げ状態から投げる
残り2回を普通に大きく
回して投げさせます

別にキャッチボールの時は
徹底して3年生までは
肘上げ状態でも
それはそれで
早く動きや筋力が
身に着きやすいし
確実性があるので~
状況に応じた判断で
やって頂ければ♪

おさらいは動画からどうぞ♪

【小学1年~3年生版】3か月でキャッチボールが上達する方法と怪我をしにくいフォーム作りのコツ③ 山なりボール予防

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒ 試合や体作りに繋がる形作りを♪

 

切なことは
学んだことを後回しに
しないことすぐ実践です
え?今でしょ?
リビングでも早速‼!
分からないことは
喜んでお答えしますね

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


イイね!クッリクヨロシク