キャッチングミスをなくしたい!ピッチャーを上手くリードしたい捕手のあなたへ♪ 状況に応じた腰の落とし方、座り方、キャッチングスタイル ~その⑤~

10月18日(金)すべては体が資本

『 3か月で上達が見える!少年野球の練習方法 』 のススメ

こんにちわ!
レタドール 情熱指導家のまえPです。

 

本日のテーマ

○ランナーがいるとき、あなたはどんな格好で
  ピッチャーからのボールわ待っていますか?

についてお伝えします(^^♪

あなたの行動に今日もエールを送ります

そもそも…
なぜ?キャッチングミスが起こるのか?

ここにはたくさんの理由があります

自分がバッテリーを組む
ピッチャーがどんな性格で
どんな癖があって
どんな時に動揺して
どんな時に暴投放って
どのコースに構えたら
ワンバンや逆球がきたりキャッチャーが捕りづらい
と感じるボールは来るでしょうか?

まずキャッチャーである
キミがピッチャーを理解しようとする
知ろうとする努力はやっていますか?

逆を言えば
このピッチャーは決め球にはこのコースで
構えてあげた方がボールが抜群にいい

こういう球を投げた方が要求した方が上手くいく
打ち取ることができる

そういった良さもしっかり引き出せていますか????

キャッチングミスのいろんな理由一つとして
まず相手を知る、自分を知る
努力、理解する気持ちしようとする姿勢が
ピッチャー自身を変える
キッカケにも繋がるし自分が予測できないボールを
投げて来なくなったり

自分も今まで予測できなかったり
反応できていなかったりする
ボールに上手く合わせる事ができたりするもんです

なぜそうなるのか?

今まで理解できなかった気持ち、理解しようとしてなかった
気持ち、行動はやっぱり相手にも何となくでも伝わってるもんです

そのお互いの
心通わないプレイが
結果的にミスやフォアボール
甘いボールをヒットにされたり
といった納得のいかない結果となり
余計に知らないうちに溝が出来てしまったり
することもきっとあるはずです

まずはプレーがどうだこうだよりは
そういった心の育成から僕が監督であれば始めていきます

しかもバッテリーの両方には言わず
キャッチャーのキミだけに話しかけたり問いかけたりします

だってキャッチャーは試合中は監督の分身
グランド上での司令官であって

ピッチャーにはキャッチャーにそういった
きめ細かい要求をする分

キャッチャーの
構えたミットめがけて
しっかり腕振っていきなさい
いいボール投げなさい
強気で自信持っていきなさい
そういう魔法を掛けていくのが
僕の育み方だから♪

僕ならこういったことから会話を積み重ねていきます

もし身近に
そういう環境がなければ
いつでもスカイプで相談に乗ります
メールや文字では届かない心の声を生で伝え
アドバイスさせて頂きます

いつか繋がれる日楽しみにしています♪

キャプチャ61

——

それでは、本日テーマ

○ランナーがいるとき、あなたはどんな格好で
 ピッチャーからのボールわ待っていますか?

キャチ4キャチ1

キャチ2キャチ5

キャチ3キャチ6

 

大切なことは、ランナーがいるとき!
もちろん、盗塁あります!
エンドラン、あります!
バント、あります!

かと言って、そういう相手が仕掛けようとすること、
してくることに、右往左往されない事です

まず第一の目的は、カウントを悪くすることによって!
守る側、バッテリーにとっては!不利になることばかりです!

なので、確実にストライク先行で際どいコースへ決めていくこと

なぜ際どいコースなのか?

相手が何か仕掛けてくる状況は変わりません!

ストライクが欲しいからといって!真ん中に打ちやすい、
何でもしやすいボールを投げ込むのは、やはり危険ですし!

相手の思うツボです(≧∇≦)

だからこそ!こういう時ほどバッテリー感だったり!

ピッチャーのボール寸分を動かせる、コントロールが必要とされます!

やはり、勝負はランナーが出てから!
ランナーがいる状態またはピンチと言われる状況をどうしのぐのか?
どう抑えるか?

そこで、明暗がわかれます

そんなときキャッチャーが!
①こんな構えをしていても!

まずは腰を上げることに時間が掛かってしまう!

そこに時間が掛かるってことは!投げ出すまでの時間も遅れ、
投げるボールが到達する時間も遅れてしまうってことです!

③の状態で構えていることで!腰が上がっている分、
確かにキャッチャーの投げ出しや送球面から考えると!

= 動きやすい、投げやすい ” でしょう!

しかし、ピッチャーからすれば!球が高めに浮きやすくなる

高めに浮けば!力があるバッターなら外野への大きい当たり、
長打される可能性は高くなる!

”  際どいコースの低めをつく  ”

これが永遠のテーマで!

だからこそ!高めのボールが活きてくる、活かされる訳です!

ということで!
②の状態で構えることが!
ピッチャーにとっても、自分にとっても!
より良い姿勢となってきます!

ただこの姿勢は初めのうちは辛いものです!慣れないだけに!

だからこそ!この姿勢になれるために、その姿勢や動きを繰り返していく!
そうやって筋力を補っていくことが大切です^_^

でないと、7回座っているうちに!自然と早く楽をしたい!
そんな気持ちから楽な姿勢になろう!なろう!として腰が高く浮いてきます!

トレーニングのやり方としては!
同じ腰の高さの状態で!高さで!動く時間を持ちましょう^_^

たとえば、どんな?

キャチ11 キャチ10 キャチ9 キャチ8 キャチ7
アヒル歩き(正面、横、斜め)

スクワット歩き(縦、横、斜め)

アキレス横向き体幹

主に腰から下の安定を目的に行います!

何より股関節が柔らかくないと!柔軟な動きが出来ません!

 

キャッチャーは常に同じ体勢で!座っているので、
特にレガースを着ているので暑いしね!

本当ね!キャッチャーやってるあなたの努力には感心させられます!

よく頑張っています♪

 

頑張っているからこそ!僕もしっかり情熱持って伝えますね!

では、ランナーがいないときは?どんな構えで待っていますか?

これは変化球が加わってくると!こまごましてくるので!

今回はストレートのみということでお伝えしていきますね!

基本的のスタイルはコチラです、

キャチ14 キャチ13

かかとが着いていない状態、もしくはかかとちょい上げ状態、

とにかく、膝を柔らかく入れたり
動かしたりしやすい状態で構えておきましょう!

片足だけ膝ををついたり、こういうケースも見かけますが!
少年野球だけに、いつどこにボールがいくか分かりません(≧∇≦)笑

なので、どんなボールが来ても素早く反応できる状態で、
待っておくことは必須!!!

そして何よりピッチャーが投げやすいか?投げにくいか?
ピッチャーによっては、すごくに気します!

自分を大きく見せたり、構えた位置に体の中心を持っていくなど、
細かな気配り目配りも忘れないようにしましょう!

ピッチャーにどれだけ気持ちよく!
ビュンビュンと投げてもらえるか?投げさすことができるか?

全てはキャッチャーの行い次第と僕は考えています!

それでは次回の続きは、
キャッチャーのワンバウンドの補給の仕方について
お伝えしますね♪

何か気がついた事があれば、
ひと言でもメッセージを頂けると嬉しいです

術【捕手編】状況に応じたキャッチャーの構え方!腰の落とし方、座り方!練習方法とコツ!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒キャッチャーの構え♪

 

:編集後記
基本的に僕は毎朝のランニングでは!
あまり真っ直ぐの平らな道を走るらことはありません^_^

斜面、
凸凹、大好きです!

※良い子のみんなは足をくじいちゃうから!
真似しないようにね!

けど、負けたくない相手や選抜チームや、
人より一歩先のレベルでプレイしたい君は真似してね♪

何か得ようとすれば!
必ず大なり小なりリスクがあることを覚えておこう!

そして、やるぞ!
そんな覚悟を決めよう!

それが今なのかどうか?は別として
チャレンジすることは、とても素晴らしいイイ事ことだから!

話を戻しますが!

不安定な場所を走ろうとすれば、

体は無意識のうちに安定しようとします!しかも走りながら、

そこにバランス感覚や能力アップのコツが隠れているんです!

バランスボールの上に腰掛けて座る、それと同じです!

不安定な状態から安定しようとする!

ただ何気に走るのではなく!
考えながら意識しながら30分走ることで
 普通に走る30分よりも、関節や筋力へ適度に負荷を掛けることになり、
エネルギーの放出率も高くなります!

それがまたいいんです!(笑)

”  短時間の中でいかに思考を凝らし、
   集中して!いくつもの筋力を高めようとするか  “

やっぱり変わってますね・・・!
そんな顔で見ないで下さい^_^  笑

長野県、伊那食品でも!こんなことやっちゃったんですから!

しかも!かなり本気で!(笑)

IMG_2236

IMG_2238

IMG_2249

IMG_2252

 

 

今日も最後まで
読んで頂き
ありがとうございます

ただ今
人気ブログランキング
参加中です♪

あなたのおかげで
少年野球部門
1位を継続中です☆

ラン1IMG_1024

また明日から活気ある
内容をお伝えするために
あなたのエネルギーを
ちょっとだけ分けて
頂けますか?

ポチッとクリックして頂くだけると
勇気100倍です☆

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


いつもありがとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す