1球で確実にライン際に絶妙なバントで転がせるようになるための練習方法!1か月でマスター!バントの正しいバットの握り方②~送りバント編~

10月24日(木)繋がる思い♪

『 3か月で上達が見える!少年野球の練習方法 』 のススメ

こんにちわ!
レタドール 情熱指導家のまえPです。

 

本日は…
・構えるバット位置
・膝の使い方連動性

…について

全てはあたなのガッツポーズのために♪

覚えていますか?以前…

内野手の上手なゴロのさばき方
ボールは○○から見る…ということをお伝えしました

 

バントも同じ所があって構えるバントの位置によって
ボールを待つ位置によっては・・

 

要はあなたの目線次第なんですが…

こういう目線でバントを決める

バント膝1 バント膝2

こういう目線でバント決める

バント目線4バント膝7

どちらがボールの変化に気が付けるでしょうか?

どちらが自分が当てたい位置でバットに
当てることができるでしょうか?

 

よくボールが怖いから…
顔に当たったら嫌だから…

そんな理由でバットを顔から離した状態で
感覚だけで…当てにいくケースをよく見かけますが

逆にバットと顔が離れていることで
ボールを上から見ることになり

正確にボールを捉えることが難しくなります

” 常にバットと顔の位置はセットなんだ ”

そんな考えで臨むことが大切なんです

※ もちろん送りバントに関しては‼!!デス!!

――――――

じゃあじゃあ!!

* 高めに浮いたボールには?
* 低めのボールには?
* 外角のボールには?
* 内角のボールには?

どうやって対応するの?

はいな!
ココで本日2つ目の課題、テーマである

膝の使い方、連動性について

バント膝4

顔とバットの位置がセットになっていることで
膝を使って各コースに対応することが可能となります

例えばこんな感じで…

高め

バント膝6

低め

バント膝2

内角

バント膝7

外角

バント膝8

しっかりと膝を連動させることによって
上手く自分の好みにボールに入っていくことができます

 

―――――

もちろん全部が全部!いつも目の前でバント処理ができるのか?

というと…決してそうではないですね♪

だって相手バッテリーもバントを
いいバントを決めさせないためには?

鋭いボールをきわどいコースへ
投げ分けてくる可能性は大でしょう!

当然バッターもそのボールに食らいついてでも
やらないといけないときだってある!

なので、そのときは…
出来るだけ近い位置に顔を持って行ってあげる

そうしたほんのちょっとの行動で
上手く体も着いていくし~
ボールにも上手く反応できます(*^_^*)

 

―――――――

特に頭に入れて練習した方がいいことは…

僕がピッチャーであれば~

* 鋭い高めのボール(特に内角気味)
* お決まりのアウトローへ

この2つのコースで攻めることを考えます!

アウトローはバッターにとって
1番遠い場所で打つこと同様にやりづらいコース
しかも膝を地面について!決めにいく行為があるので

余計に目線のブレによる…
当たりそこないや失敗もあるかもしれない

鋭い高めのコースは
バッターの上体が自然と仰け反り…

フライを打ち上げてくれる可能性がある

ので!この時ばかりはいつも以上に
下から上へ投げることを意識して投げます

ただ1つだけ言えることは…

相手バッテリーが何をして来ようと!

気持ちと体をブラすことなく
当たり前のことを当たり前にこなす!

そういう気持ちと心の余裕があれば…

バントが決まる確率は下がりません(^^♪

自分が不安に思ってしまえば・・・
誰だって不安な行動をとってしまいがちです

それが思うわぬエラーやミスにつながって行きますから

強い心を養っていくためにも!
多くの経験を積み重ねたいものです(#^.^#)

 

【保存版】少年中学野球必見!自宅で簡単に気軽に出来る!おススメバント練習法!送りバント編!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒バントにもコツがある

=========

 

:編集後記

先日上がった1年ぶりの先発マウンド
滑り出し順調だった

立ち上がりも打たせて取るピッチングで4回終わって2-0
今日はこのまま完封ペースだった

しかし魔の5回は訪れた…
先頭打者の②ベースを足掛かりに
うちのエラーも含めて一挙5点を上げられ

終わってみれば5-3で黒星

優勝させるつもりでマウンドへ上がった
しかし…

原因は明らかだった!
ストレート一遍用の単調的なピッチング
キャッチが構えたコースへ行かず
真ん中から逆玉・・・

甘く入った球を襲った長打のラッシュ
そこに絡んだ小さなミス

僕はいつも子供たちに言っている
いいピッチャーは必ず3点以内に抑える
四球も3つ以内、テンポよく!

成るべくして成っていくものだ

悔しさよりも
自分が投げなければいけないコースに
コントロールできなかった

抑えなければいけない場面で
しっかり気持ちで押し切ることのできなかった歯がゆさ

それ以外の何物でもない
打線は水物…と言いつつ
その中でキッチリ3点とってくれている訳だから

野球はすべてピッチャーで決まる!

 

この試合監督4年目でキャプテンを務めてくれた
タケが試合を見に来てくれた

こんな差し入れを持って(^^♪

IMG_2341

父親から監督の試合見に行くか?
と言われ…

行く!
即答だったらしい!

それだけでも嬉しいことだ♪

またこの子に何らかの形で指導できる日を

僕は正直、心待ちにしている(^^♪

彼は小学生のときから、夢はプロ野球選手!
野球ノートでも熱く語ってた!

だからこそだ!

僕にはまだ彼に伝えられることがたくさんある♪

素直さ、順応性、直向きさ…他にもたくさんある!
そんな彼の素晴らしさを知っている大人が
僕以外どこにいるだろう? 笑

僕が可能性に挑戦することを諦めない限り
語り続けるかぎり…

彼の夢を途絶えさせてはいけないのではないだろうか?

また改めて強く感じた教え子との会話だった(^^♪

IMG_2342

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます

只今人気ブログランキング参加中です♪

あなたのおかげで
少年野球部門
なんとか1位を継続中です☆
出来れば野球部門10以内を目指します
今後も1日1回の元気な応援クリック
お待ちています

ラン1IMG_1024

また明日から活気ある
内容をお伝えするために
あなたのエネルギーを
ちょっとだけ分けて
頂けますか?

ポチッとクリックして頂くだけると
僕の勇気、そして子供たちの元気100倍です☆

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


いつもありがとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す