3か月でチームの守備力を上げる!内野手の守備力を上げる!方法と見る目線(=コールド負け0へ)ステージ⑬~打球が内野の間を抜ける、抜けそうになるとき~

【5分間で走力アッププログラム】心肺機能を強化!子供の身体能力を上げる!可能性を広げる!まえPぃ~式体幹トレーニング!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒自分の枠を決めるのは自分の努力 イラスト

 

11月9日(土)青空は選手に力を ♪

『 3か月で上達が見える!少年野球の練習方法 』 のススメ

こんにちわ!
レタドール 情熱指導家のまえPぃ~です。

 

さて
僕が試合中ベンチにいるとき、どんな目線でどんな所に
目を向けて子どもたちの動きに見ているのか?

存分にお伝えしますね!
逆に言えば同じ目線で見て
同じことすれば全く同じはでなくても

近い結果が生まれます!

とにかくこれから語ることは…
社外秘です ( ̄▽ ̄)笑

※良い子はマネするように火傷しないように(#^.^#)

IMG_2127

ということで!

本日のテーマは…

打球が内野の間を抜ける、抜けそうになるとき・・・

○意思表示を相手に伝えたか?
○自分が捕球し投げなかった場合、カバーに回ったか?
 カバーに入った仲間のカバーに入ろうとしたか?

について、熱くまいります(^○^)

 

今日もあなたの1歩を踏み出すお手伝い

 

たとえば!あなたがサードを守っていた場合!

ショートが無言のまま
自分にボールを捕らせるような
任せた雰囲気があったとき!

あなたはどんな気持ちで反応しますか?

間49

 

ショートがサード任せた!!!

逆に俺に任せろ!!!!
テツヤ任せた!!!!

そんな勢いと大きな声で
自分の言葉でメッセージを送ってきたとき

あなたはどんな気持ちで反応しますか?

間17

 

え?なんで?どうしたいの?

そんな気持ちでボールを捕りに行くのと

間2

 

オッケー任せろ!
ヨシ任せた!

そんな気持ちでボールを捕りにいくのでは

どちらがお互いが気持ちよくプレイ出来そうでしょうか?

やっぱり気持ちよく
声を掛けた方が
声を掛けられた方が
プレイの足取りも変わってきそうですよね?

間5

 

それにこういった所は…

日頃のコミュニケーションが
取れている
取れていない
でまた大きく変わってきます(●^o^●)

 

であれば~なおのこと!

声を掛け合う事の大事さが見えてくると思います

 

あのときお互い声を掛け合っていれば…

たら…れば…野球にならないためにも

声を掛け合う、届ける
大事にしたい行為ですよね(^○^)

 

そしてその先の行為になるのですが~

これも大差で負けたりするチームの特徴です<(_ _)>

○自分がボールを追った後、そこで既に自分のプレイが終了している

間45

もし自分がボールに触らなかったとしても…
その後のプレイは仲間が継続している訳で

確実にアウトを取るまでは!
決して野球に終わりはありません(*^^)v

 

もしかしたら、エラーするかもしれない

 

だからボールの行方を常に目で追う

エラーするかもしれない可能がある限り!!

カバーやフォローに確実に入る!!

 

もしかしたら…
投げた先で同じようにエラーがあるかもしれない!

そんな状態にいつも備えておこうよ♪

 

エラーがあればまたランナーが次の次を狙う果敢な走塁してくる!

新たに次の次のベースカバーやその他のベースカバーに
行かなければいけないことだってあるでしょう!

 

絶対があるのは…数学の世界だけ(*^_^*)

全てに起こりえる確率があるってことです♪

 

こういう風に1つのことで終わろうとしない
小さな積み重ねをしようとする
プレイヤーが増えれば増えるほど!

チームは確実に上向きになってきます(^^♪

 

なぜ!そうなるのか?

一言で言うと・・・・簡単に人任せにしないからです!

自分がやるべきことを
当たり前のようにただ直向きにプレイをこなしていくからです

結果的に総合力がグングン高まってきます♪

 

こういうちょっとしたことに動きに目を配れる心を
伝える側の私たち大人が養っていきたいものですね

キミも今からでも遅くない
気持ちいい声の掛け合い、プレイをしてみないかい?

IMG_2408

 

:編集後記

【5分間限界挑戦プログラム】心肺機能を強化!子供の身体能力を上げる!可能性を広げる!体幹トレーニング!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒自分の枠を決めるのは自分の努力 イラスト

 

なぜこのようなトレーニングをやるのか?

通常は、決まった距離の中でタイムはどれくらいか?
競ったりしながらレベルを上げていくことが多いと思います

 

そういう練習もしない訳ではありませんが…
基本は今の自分が限られた時間の中でどれくらい全力戦えるのか?
戦う勇気があるのか?前向き精神でチャレンジしようとするのか?

レタドールでは、そこに重きを置いています

タイム1

自分の限界を知っているのは自分だけです!
そして限界を決めるのも自分です!

 

そのためには、まずは自分を知らなければいけません
どれくらいまで行けるのか?
どれくらいまで全力で戦えるのか?

 

把握したうえで、今後どんな取り組みをしていくのか?

 

日頃の練習の向き合い方でいいのか?このままでいいのか?
いろんなことを子供たち自身が感じて行かなければいけません!

 

そんな途中過程の子供の様子を観察しながら
私も今後どう後押ししていくのか?

考察し、またチャレンジメニューを組み立てます!

タイム2

 

どんなスポーツも同じだと思うのですが…野球も1時間30分と制限があります
試合時間が決まっています

その中でいかに自分たちの良さを表現し戦おうとするか?

そこにテーマを持ち取り組むことが出来るか?

 

 

技術を上げるだけだ練習ではありません
時間管理、自己管理能力さえも同時に練習の中で
高めていく必要があると私は考えています

 

だからこそ、火曜日、木曜日の身体能力アップトレーニングでも
時間は1時間半を設定!

 

しかもストレッチとアップを含めてです♪
(※ここに30分~40分掛かってます((+_+))
  学校の後でなければ1時間は掛けます)

 

 

めいっぱい動きます、走ります、筋肉や関節に
様々な動きでアプローチを掛けていきます(^^♪

 

それ以上もそれ以下もありません!

それぞれの可能性を広げる挑戦が!繰り広げられる訳です☆

 

 

キツイなぁ~けど体は動く、腕は振れている
諦めずに前を追う!!それが理想と言えます♪

そして何よりレタドールが特に力を入れていることが
自分が走り終わった後、

まだ走っている仲間に必ず声を掛けます!みんなです!

頑張れ~
腕振っていこう
後もう少し

・・・などなど

 

 

自分がキツイから…と下を向く子はいません♪
前を向き、次また自分がいい走りができるように…

キツイのは誰だって一緒なんです
プロだって、オリンピック選手だって!!!

 

キツイキツイ大変大変からは何も生まれません

唯一、愚痴や不平不満ばかりでしょう(^^♪

 

可能性が広がらない、広げようとしない
子供や環境に限って、誰かの、他人のせいにしたり
自分と向き合うことをどちらかというと避けてしまっています

 

なるべく機会を与えましょう!!必ず子供は伸びますから!!

 

先日もまた次回のトライアルに向けてチャレンジ精神旺盛で

夜道の坂道下り坂インターバルダッシュを一生懸命取り組みました!

IMG_2454

足が速い=球が速い

では、どこから作り上げていくのか?

だからどんな練習をやるのか?

いつどのタイミングでやるのか?

いつまで続けて、次は何をすべきなのか?

全てはつながっている(*^^)v

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます

只今人気ブログランキング参加中です♪

あなたのおかげで 少年野球部門

また明日から活気ある内容をお伝えするために
あなたのエネルギーをちょっとだけ分けて頂けますか

ポチッと下の画像をクリックして頂くだけると
僕の勇気、そして子供たちの元気100倍です☆
まえPぃ~パワーアップボタン

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


人気ブログランキングへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す