【まえPぃ~の身につけようマメ知識】スパイクの正しいはき方!靴ヅレを起こさないスパイクのはき方!で快適な足取りを♪

 

スパイクの正しい履きかた!靴ヅレを起こさない正しい履きかた!スパイクの履きかた1つで足取りが変わる!

携帯からご覧の皆様は~

コチラをクリック ⇒便利なスパイクの履きかた イラスト

 

 

11月16日(土)百見は一行にしかず

『 3か月で上達が見える!少年野球の練習方法 』 のススメ

こんにちわ!
レタドール 情熱指導家のまえPぃ~です。

 

子ども達に携わってかれこれ8年となります(*^^)v

ベテランの方からすれば…
まだまだこれからですが 笑

ココに来て最近想うことがあるんです

恵まれていたなぁ~と
まぁ実際自分自身がそういうレールを敷いてきた
選択してきたというか…

とにかく野球ばかりではなく

いろんなスポーツに携わる子ども達を受け持ち
いろんな考えの中で学びながら
野球というスポーツを考えられる

方法論や技術論、科学式を学ぶことができる

それが私のまれにない
指導経験の宝だと実感しています

 

今はまだ実行できてませんが…

そのうちやるかもしょれません 笑
あんなことこんなこと!!

20130805-232108.jpg

 

たとえば…

1年のサイクルの中で

1~3月    タグラグビー
4~6月    バレー
7~9月    軟式野球
10~12月  サッカー

こんな1年のサイクルを通し
それぞれ競技で、大会でタイトルを獲得する

そんな新しいレタドールらしい
行動がチャレンジあるのみ!と考えています♪

IMG_1953

 

以前もお伝えしたと思うんですが…

必ず長く続けることで
飽きや慣れが出てきます

それを慣れさせないように
体作りを取り組んでいく訳ですが

それをあえて!
小学中学まで学校の体育みたいに
いろんな競技の中で身体能力を高めさせて
中学3年の夏までミッチリ

※ 1週間の内2、3回はボールの感覚を忘れな程度に
  投げる打つ程度をこなす

もちろん、それぞれの協議も中途半端でなく
タイトル獲りにいく訳なんで指導は本格的に!

IMG_2331

 

え?出来るの?
はい、出来ます!!

分からないことはすぐ勉強して取り入れますから!

 

そんなこんなで能力が身に着いたら
中学3年の夏から春先に掛けてめいっぱい野球尽くし

もちろん、ここでは硬式軟式両刀!!

もちろん、理論、考え、ミーティング、
あらゆる角度から脳に体に刺激を与えていきます

そして高校へ送り出す!!

しかも、しっかり根拠を持って
指導してくれる熱心な指導者の元へ

それが国内にないのであれば
海外だって視野に入れる
そん柔軟ささえ持ち味として!!

 

甲子園だけが全てではないから(*^^)v

20130812-012855.jpg

断っておきます

甲子園は素晴らしい場所

感動を巻き起こす場所

そんな考えあってこそですが♪

 

そりゃあ~
野球バリバリやって高校1年からレギュラーで活躍
それも素晴らしい成果です

しかしそれをあえて2年、3年に花が咲く、
仕上がるように持って行ってあげた方が
成長へと導いた方が

将来性とか長い目でみたとき
先々怪我で悩まされることもなく
活躍できる期間、時間、
ともに長く結果を楽しめると思うんです

土台とか基礎とか
柔らかく強靭な体作り!!

 

 

1つのことばかりではなく
柔軟な動きと考えが出来る脳に繋げてあげる

そういう過程もあっていいと思うし
私は輝けるような気がしてなりません

だからこそ、レタドールでこうやって
体作りを続けている訳で♪

 

あくまでも未来予想図的な話なんですが~

近いうちに…
ブレーキランプ五回点滅するかもしれませよ 笑

IMG_2470

 

ということで…
大分、本日のテーマから脱線してましたが…

子ども達に携わってきた中で
小さい子から大きい子た~くさん見てきました

その中で靴、要はスパイクですね
どうしてもお金が掛かるものなので
少し大きめのサイズを買ってもらったりして
ブカブカで…

足にマメが出来たり、盗塁中に靴が抜けたり
吉本新喜劇風な光景も目にしてきました

そこで常日頃から
口酸っぱくいってきましたが

足元から入る大切さ

私としてはスパイク、靴も同様ですが

靴ヅレやマメが出来ないように
正しいはき方を今日まマスターして欲しい!!

1つ 最初にかかと合わせて履く

スパイク7スパイク6

2つ かかとをしっかりフィットさせた状態で
   靴ひもをつま先部から徐々に締めていく

スパイク8

 

3,4がなくて

5つ ちょうちょ2重結びで、
   あとは解けにくいように紐と紐の間に通していく

スパイク9

以上のような要領で行てもらいたい
詳しくは動画にてご覧ください

平らな地面の上でスパイクを普通に平行な状態で
はいて紐を結んでしまうと・・・・

スパイク3スパイク5

必ず動いたりすることで
靴の中で足の位置がズレてしまったり…と
若干でもあるもんです!

それをなるだけ最小限に抑えるために
かかとでしっかり足を固定して欲しい

よいこの皆、
登山愛好家のあなたへ
今すぐ実践あれ!!

スパイク10

屋久島登山愛用のトレッキングシューズから学びました♪

 

:編集後記

昨日だったかな?
アイススケートの羽生選手特集

私は彼が好きだ
滑りも人柄も…

なぜならスケートに対しての何より情熱
そして探究心!!!

勝つことにも負けることにも
常に前向きさが表れている

是非、野球少年たちにあの志は学んで欲しい
結局は技術を活かす心がなければプレイでは輝けない

IMG_2468

 

今日の練習の帰り道
生徒からこんな質問が(*^^)v

監督さん、センスがある子とない子
何を基準に判断してますか??

そう羽生選手に注目しよう

彼には…

柔らかさがある
しなやかさがある

全体の体の動きから演技にまで…(*^_^*)

彼を見ていると引き込まれる感じは分かるだろうか?

その柔らかさ、しなかさの原因はどこから??

 

関節なんです!!
上手く使っている、いや使えているんです !!

 

 

足首、膝から生み出される演技力の高さ♪
ホント素晴らしい!!

ある大会で羽生選手は、カナダの選手に負けて準優勝…
なぜ負けたのか?優勝者の記者会見のコメントから学び
またその大切な情報を公開する
そんな心意気、前向きな姿勢こそ覇者なのであろう
だから優勝を、そして大観衆の中で見事な4回転を決めるのであろう♪

私は2人の映像を見て、そう感じた(*^^)v

 

いつもルーティンも崩さない
失敗しても演技を続ける

最終演技意識して途中で演技を失敗しても辞めずに続ける

常に本場を想定し、リカバリーを続ける!
休憩もいつも同じ時間で、いつもリラックスすることを意識^_^

最終で滑ることを常に意識して滑る、休憩する、滑るの感覚も
常に本番に向け効率よく戦っているということ

 

もう!!全く賛同だ!!
今レタドールで取り組んでいることそのものだ!
だからこそ勝てる、成果が出る!!
簡単なようでそこに気が付けていない選手は多い
もちろん気が付けていない大人もだ

塾11

 

最近、うちの生徒たちを見て思う
今日はテスト中なので試験勉強で休みます

と連絡が入る

各家庭の考えだから基本は自由だ!!

しかしこういう理由で休んでいる子は
将来アスリートにはなれても
夢を与える、
周りを魅了するアスリートにはなれないだろう
努力を上手く活かせないだろう

え?だって世の中努力という努力を
続けている人は山ほどいるからだ

問題はどんな努力をやろうとするか?

もしテストがあろうと練習に出続け
試験も自分が決めた目標を達成する努力をする
そんな子が一方でいれば・・・・

全てにおいてこの子が勝るであろう!!

前者は社会に出てから学ぶタイプ
要は周りと同じだ
後者は先を想定して今を動いている
というより自分で今を生きている
周囲に大いに影響を与える

そんな2つの様子が伺える!!

塾8

 

最後、私は質問をしてきた子に言った

お前にサインを1つ出す
勝負のサインを出すとき
その瞬間の材料だけで判断していない
思いつきでやっていない

普段の様子、練習への取り組み
最近の変化、試合中の様子や流れ
家族や身の回りの人との会話で感じたこと

いろんな材料が集約されての
その瞬間の1つのサインなのだ!!

 

いろんなことを感じなさい
野球からだけなく全てから
感覚を磨きなさい
浅はかでなく深みのある野球人になりなさい

そのために私から吸収できること
学べるだけ学びなさい

塾10

 

あんなに幼かったあの子が

なぜ?そう思うんですか?
なぜ?そうなるんですか?
これでいんですか?
それはなぜですか?

いつの間にか
そんな言葉をぶつけてくれるように
成長していたなんて…

心から嬉しく思う
この子とは長い付き合いになりそうだ(^^♪

IMG_2477

今日もまた教え子の誕生日でした♪

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます
只今人気ブログランキング参加中です♪

あなたのおかげで 少年野球部門

また明日から活気ある内容をお伝えするために
あなたのエネルギーをちょっとだけ分けて頂けますか

ポチッと下の画像をクリックして頂くだけると
僕の勇気、そして子供たちの元気100倍です☆
まえPぃ~パワーアップボタン

⇓ ⇓ ⇓ ⇓


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す