ピッチャーに腕が振れていないと言うのはどういうことを言うのでしょうか?私には判断できません。

いろんなケースが考えられますが

気持ちの面で行けば、私もピッチャー出身なのでよく分かりますが、

弱気になって四死球を出したくないという意識が働くことで

ボールを置きに行ってしまうんです!

置きにいくってことは球速を抑えてストライクを取りに行く

という事です!じゃあ~いいじゃないか!?

ボールを投げる訳じゃないんだし!!

と!特にスポーツ経験がないお父様方は思われるかもしれませんが

置きに行ったボールは必ずと言っていいほど

見事なくらい大きなホームランか?

がっつりいい当たりをされてしまうことが多いんですよ!!笑

なんで!?

球速がない上に!コースが甘くなってしまう確率が高いからです!

それが意識的に!そのコースへ投げていれば

決して置きに行った!腕が振れてないとはなりませんし!!

監督さんも言わないはずです!

きっと判断が出来ない!!ということは

そういう場面、場数を目にする機会が少ないんですね!

以前、うちの父兄さんで、もちろん野球ど素人!

ですが、監督!やっぱり球を置きに行ったか?

いかに腕が振れていないか?

分かるもんですねぇ~♪

ハハハぁ~というパパさんがいらっしゃいました!!

もちろん毎週毎週欠かさず試合を見に来られてましたけどね(#^.^#)

選手も最初からプロがいないなら~

監督、コーチ、指導する側も

最初から名将はおらず・・何でも分かる訳でなく

小さな積み重ねの連続で!なんだかんだ~

場数をこなしている訳です!

ということで~必ずそんな日が来ますから!!

なるべく時間が空いたときには

練習試合には足を運んであげて下さいね♪

動画説明はコチラから ⇓ ⇓ ⇓