速球を投げるために、腕を速く振ることは必要ですか?

これはやはり必要ですね(*^^)v

 単純に考えてみてください!

足が速い子は腕がしっかり振れている?いない?

野球でも同じことが言えますよね!

かと言って、ただ腕を速く振れば、腕振りだけで

速球が投げれるか?かと言うと決してそうではありませんが 笑

私の場合、いかに負担を少なく効率よく安定した

速いボールを放れるか?

そこにテーマをおいて指導していますので!

下半身の体重移動、そして腰のひねりから伝わる

力やバネを利用し、重い力のあるボールを投げる☆

その時に少しでも腕を速く振れる余裕やシロがあったほうが

筋力的負担も少なくて済むはずです!

要は、100%の力で120キロ投げれる投手と

70%の力で120キロを投げれる投手

どちらがどうですか?ってことです(*^_^*)

少年、中学野球ではピッチャーは7回を投げます!

下手すれば延長戦ということもありえますね!

そういった長く投げ続けた場合の筋疲労を考えても

心身ともに余裕を持った状態で備えておきたいものです!

人の体も消耗品な訳ですから ♪