九州共立大学特別客員准教授 森部昌広のPITCHING SPEED UP PROGRAM(ピッチング・スピードアップ・プログラム)

プロフィールに掲載してますように・・

中学3年の夏前、私自身はく離骨折を経験しました。

当時は野球肘と診断され、3カ月程度痛みが引くまでは

投げない方がいいという言葉から、ただなんとなく

あ~投げれないのか~やだなぁ~・・  と

本当そんな楽観的な感じだった学生時代でした(*^^)v

そういう意識でなかったからこそ高校へ進んでも痛みは再発し

思うようにプレイできない、投げれない、バットを振っても痛い

そんな現状が待っていました。しかし、

それ以上に辛い出来事が起こったのは

指導者となり4年目、2度目を迎える準決勝が終わってからでした!

キャプテンでエースの子が決勝前に肘の違和感を訴えてきました!

当時の私には子供の気持ちを尊重するどころか・・

なぜこのタイミングで?そんな気持ちでしか受け止めれなかった

不甲斐ない指導者でした・・・<m(__)m>

結局その子は試合には出場させたものの・・・

(※当時のこの判断も指導者の判断として間違っています)

決勝のマウンドを踏めないままチーム2度目の

なんとも言えない優勝を決めた形となりました・・・

キャプテンとして、そしてエースとしては一番悔しく

歯がゆい瞬間でもあったと痛感しています*

結局は私の采配がその子のマウンドでの輝きを

奪ってしまう形なってしまいました。。。

アイシングして、ストレッチして十分に考慮はしていたはず

それなのになぜ?・・・正直そんな自分勝手な想いもありました・・

ホントに情けなく反省しています<m(__)m>

 

しかし実際は私の中のほとんどが、あいまいな知識や見解ということを

一人の犠牲者を通じ・・現在お世話になっているチームトレーナー、

また、たくさんのいろんな悩みを抱える指導者の方々に出会い

知らされる形となりました。

これだけでも何とも不甲斐ない現実なのに、

本当の意味で気が付かされたり

真剣に考えさせられ日々学ぶ行動を超し始めたのも

怪我をさせて3年が経った今かもしれません<m(__)m>

 

ストレッチがなぜ重要で、今自分がどこを伸ばしているのか?

しっかり丁寧に伝え、なぜこういう練習を行い

これがどういう事に繋がっていくのか?

こういう投げ方は、なぜしてはいけないのか?

1つ1つ意味を理解して子供たちが練習に取り組めるよう

急がず慌てず時間を掛けれるようになりました*

 

もちろんアイシングの大切さや、なぜ必要なのか?

についても、重要性を説きました!

そういった事に時間を掛けるようになっただけでも

十分な成果が表れました。

一番変化したことは、そういった知識や情報を正確に丁寧に

分け与えていくことで、自分たちが子供としてではなく

一人の選手として認めて接してもらっていることを

実感してくれたみたいで、これまでよりはるかに

1つ1つの動きがより安定した実のあるものとなりました♪

 

今では時間を掛け過ぎたかな?そう思っていたことも

ようやく全てにおいて、子供達が吸収しようという意識が高まり

新しい取り組みに関しても順応性が上がっていることに

今ではすごく驚かされています(#^.^#)

 

今のままでも十分にいいチーム作りは出来る

そんな自信を持っていますし

もちろん子供たち自身もそんな想いで取り組んでくれています♪

 

たとえば野球肘の原因と言われる肩甲骨の可動域

この可動域を改善するための肩周りのストレッチとして

下記で紹介するようなストレッチのメニューを取り入れてますし!

投げるフォームの矯正や上半身と下半身の連動性を

より効果のあるものにするため!キャッチボールにも重きを置き

工夫をこらしながら、怪我をせずいい選手になるための体作りに

取り組ませて頂いています☆

しかしこれだけでは、怪我のリスクを抑え

力強いボールを投げるため本当の意味での体作り

そして場数をこなしていく中で十分なケアができる

出来ているということには、まだまだ薄いということに

こちらのDVDを見るまでは気が付きませんでした・・・

⇓ ⇓ ⇓

 九州共立大学特別客員准教授 森部昌広の(ピッチング・スピードアップ・プログラム)

<そういった観点から次のような方々へおススメします!>

☆野球肘、肩が治療して投げれるようになったのに

治療前と変わらない同じフォームで投げている方

☆別に今はどこも痛くないし、自分は大丈夫と思っている方

☆いろんな商材やDVDを見過ぎてどれをどんな風に

子供に伝えたらいいのか?分からない、困っている保護者の方

☆怪我をしないための体作りをしたい、させたい方へ

☆今さらこんなこと聞けないし、聞きづらいし、

聞いてもちゃんとした答えが返ってくるかどうか・・・

そんな環境で悩んでいる人

☆このトレーニングがいいと言われてやっているけど

一カ月半が経過し効果や成果を感じることができない人

☆小学生、中学生にどんな筋トレを?

どこまでさせていいのか?悩んでいる人

☆野球肘、野球肩と診断され、ひたすら根拠なく走りこんでいる人

 

※注意事項

どんなに効果的なストレッチを行い

いい準備が出来て試合に臨んだとしても

それはあくまでもパフォーマンスレベルを

上げるためのものであって、絶対にこれで何球投げても

毎日毎試合投げても壊れない!!!

そういうことでは決してありません!!

人の身体も消耗品と同じであり大切に扱わないと

もろく壊れやすいものになることだけは十分に

ご理解頂いた上でご覧下さい♪

 

 

<ご購入はコチラから>

⇓ ⇓ ⇓

九州共立大学特別客員准教授 森部昌広の(ピッチング・スピードアップ・プログラム)