低めへのコントロールするコツってなんでしょうか?

ココで大事なのは~

低めへ投げようと意識しすぎて

バッターの手元で失速してしまう事に

ならないよう気を付けなければいけませんね♪

いくら低めに投げても~力のないボールを放れば

少年野球とはいえ・・あっという間に外野オーバーです 笑

まず低めに限らず自分が思った所へ

投げる訓練をしないといけません!

方法はいくつかありますが~簡単にできる方法は

壁当てです!バックネットか壁に的を作って

そこを狙って投げる!最初はその的に当てきれる距離から

スタートして徐々に距離を話していきます!

コントロールというのは~

単純に距離が離れれば離れるほど~

難しくなりますから~、まず近い位置から狙った位置に投げる

しっかり目標まで決めて10球中7球当たったら合格で

次は2m後ろから!というような感じで2m感覚で開いていく

こんな遊び感覚も交えた感じで構いませんよ~(*^^)v

  ※ 注意点

1.投げ過ぎにならないよう球数注意

  4年までは50~60球を目安

  5、6年生は70~80球目安

2.ピッチャーと同じように投げる位置から

  的まで真っ直ぐな線を引いて

  真っ直ぐ腕を振ることを意識しやすくする

以上の点を踏まえてやってみて下さい!

リリースポイントは自分で身体で掴んでいくしか

ありません。基本僕は少年野球から特別に投げ込みは

必要ないと考えてます!無駄な時間を取って

子供の身体を酷使してしまうような形にならないよう

キャッチボールですべてを補うつもりで練習に取り組むこと

それが全体練習で行う方法はベストだと思います!